「青天の霹靂」を観ました

昨日は、メルパラで知り合った、彼女であるアオイちゃんとティファナインに行きました。

今回のメインは映画「青天の霹靂」を見る事でした。

ティファナインのVODビデオオンデマンドでなくて、TSUTAYAでレンタルしました。

TSUTAYAって旧作2泊3日で100円くらいなんですね。

これならTSUTAYAで借りてもVODで見てもどっちでもいいですよね。ただTSUTAYAだと選択肢が多すぎて選ぶ時間がかかり過ぎるのが難点ですけどね。

でっ!

「青天の霹靂」ですが、原作、監督が芸人の「劇団ひとり」で、かなり評判が良かったので、期待して観ました。

まさに「青天の霹靂」でした。まさか本当に泣けるとは思っていませんでした(笑)

前作の「陰ひなたに咲く」も面白かったですが、「青天の霹靂」の方がはるかに面白かったです。

劇団ひとりやっぱりすごいです!

おそらく低評価の人は、
「ダメな男が過去にもどって両親に会う。自分を見捨てたダメな両親だから、自分がダメなやつになったと思っていたけど、実はそうじゃなかった」
というありがちな設定に既視感を覚えたのだと思います。

ですが、おもしろくない全く見た事もないストーリーより、見た事あるような設定や場面でも、うまく作品にしてくれた物の方が面白いので、それで良いと思います。

「青天の霹靂」はベタベタな泣ける映画です。

 

かかった費用(2人分の場合もあります)

ホテルティファナイン 休憩代4500円