ティファナインで「受難」観ました

一昨日はメルパラで知り合った、彼女であるアオイちゃんと久しぶりにティファナインに行きました。

久しぶりにティファナインの大画面でテレビがみれるので、岩佐真悠子主演の映画「受難」を観ました。

岩佐真悠子のアソコに喋るできものができるという映画です。

はっきり言ってしまうと、マンコが人の顔になってしまって、しかもそれが喋るという映画です。

最初の1時間くらいは、「なんじゃ、これ?」って感じでしたが、最後の30分くらいで、今までの「なんじゃこりゃ」が回収できたような映画です。

でも、処女喪失の所がなんかイヤな映像です。

顔の真ん中を貫通するんですよ。

マニア過ぎる映像です(笑)

帰りは、吉野家で牛すき鍋定食を食べました。

これは4週連続ですね。

かかった費用
ティファナイン ホテル代 4800円
吉野家飲食代 680円